見逃してはいけない排水管の水漏れ

見逃してはいけない排水管の水漏れ 生活を考えた時に、水を使わないということは想像できないでしょう。水を使うということは、その使った水を流さなければなりません。つまり必ず排水がセットになってくるということです。きちんと排水ができなければ、そもそも使うことができなくなってしまいます。その排水管で水漏れが起きてしまえば、正常な機能を発揮できないということになります。

■必要不可欠な排水管

日常の生活を考えた時に、キッチンを使わないという人はあまりいないのではないでしょうか。通常の生活環境を考えれば、食器を洗う必要も出てきます。食事を作らないとしても、洗い物をすることくらいはあるでしょう。もし洗面所がなければ、顔を洗う場所にもなってきます。使った水は流していく必要があるため、シンクの下には排水管がつながっていますが、この排水管から水が漏れてくる状況になると日常生活に与える影響は大きなものになってくるでしょう。排水管が機能しなくなることによって、下水の臭いも上がってくるようになります。放置しておくと害虫の被害にあう危険性もあり、生活環境は著しく悪化することになってしまいます。非常に深刻な問題と言えるでしょう。

■塩ビパイプの変形も
排水管によく使われることの多い塩ビパイプは加工もしやすく、交換などの必要があっても金属管に比べて施工性が高いことは確かです。ですが、隙間ができてしまったり、強い衝撃に弱いことも性能として持っています。何かあったときにずれてしまったりすれば、そこから流れ出てくることも考えられるでしょう。生活環境に与える影響の大きさは理解しておかなければいけません。
キッチン周りだけではなく、水回りには数多くのパイプが使われており、長く利用できるような設計もされています。ですが、永遠に使えるようなことはありません。キッチンなどで熱湯を流している間に変形してしまい、隙間ができて水漏れにつながることもあるでしょう。洗浄剤もあまりに使い方を誤れば、変質させてしまうことも出てきます。パイプに大きな力がかかって割れてしまうこともあります。ただ、こういった変化は普段から目につくところにあるわけではないため、どうしても後手を踏んでしまうところに問題があります。

■見えないところに通る配管

排水管がどこにあるのかわからないことも珍しくありません。生活環境の中に、排水管が丸見えになっていることは、メリットが感じられないはずです。リビングの中で配管が丸見えになっているような状況があれば、これは何とかしたいと考えるでしょう。これが一般的な考えになってくるため、排水管は目につかないところに配置していくことになります。水漏れが起きたとしても、なかなか気が付かないところは、この隠した配管であるところに気が付かなければいけません。
配管を隠すこと自体は問題がなくても、メンテナンスができるかどうかを考えていく必要があるでしょう。水漏れが起きてから対処すると後手になってしまいますが、定期的に検査をしていくことで先手も打てるようになります。影響を抑えることを考えれば、定期的な検査も考えていくべきです。特に集合住宅のオーナーである立場になれば、定期的なメンテナンスをしていくことによって、被害を未然に抑えることができるでしょう。

■まとめ
水漏れは早期に対応することが重要です。時間が経っても直ることがない以上、異変を感じた時には修理などの行動に移らなければいけないでしょう。大量の水が流れ出てしまうようなことは少なくても、健康に被害を与えてしまうことも考えられます。早期に修理をするだけではなく、予防策まで含めて考えていくことが大切ですので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース